月別: 2016年9月

初期費用を抑えたい!その希望を叶える賃貸マンション選び方3選

敷金礼金0の物件を選ぼう

初期費用をできるだけ抑えて賃貸マンションを選びたいときにはまず目を向けると良いのが敷金と礼金です。地域によって保証金となっている場合もありますが、これらは初期費用として家賃で数ヶ月分になる大きな費用ですよね。最近では敷金礼金0という物件も登場してきています。初期費用を少しでも抑えたいと考えたら、まずは敷金礼金0の物件から選ぶようにしましょう。一般的にかかる初期費用の大半を削減することができる方法です。

仲介手数料の交渉をしてみよう

賃貸マンションを借りる際には不動産会社を利用するため、仲介手数料の支払いが必要になります。家賃一ヶ月分というのが相場でしたが、全体的には引き下げの傾向があり、家賃の半分ということが多くなってきました。不動産会社は法律によって貸主と借主から合わせて一ヶ月分までしか受け取れないと定められているため、その負担の度合いが変化してきているのです。交渉をしてみると貸主に負担を任せられる可能性もあるため、交渉をして仲介手数料の引き下げを試してみるのも良いでしょう。

家具付きの物件を探してみよう

賃貸契約をしてからも生活を始めるためには費用がかさんでしまいます。その点に着目して、必ず準備しなければならない家具や家電の費用を削減するという視点を持つのも良い考え方です。家具付きの賃貸物件を探して借りれば家具を揃えるのにかかる費用を削減することができるでしょう。一通り揃えようとすると数十万円がかかってしまうこともよくあるため、家具付きの物件を借りるのは初期費用を抑えるのにうってつけの方法なのです。

森の賃貸の魅力ある物件を選ぶにあたり、周辺環境の良しあしを比較しながら、プロの不動産会社に相談をすることが重要です。

高層マンションで賃貸生活!見落としがちなポイント3選

エレベーターの快適さが大切

高層マンションで賃貸生活を始めるときに見落としがちなのがエレベーターの快適さです。内覧に来たときにはそれほど不便を感じなくても、多くの人が利用する時間帯になると混み合ってしまってなかなかエレベーターが来ないという状況になってしまうのはよくあります。通勤時間帯が最も顕著であり、マンションの大きさから考えて数と速さの店で申し分のないエレベーターが設置されているかを確認してから賃貸契約を結ぶようにしましょう。

車生活なら注意が必要な駐車場

車生活が基本になるというときには高層マンションで賃貸生活をするときには駐車場に注意が必要です。十分な広さの駐車場があって利用できるから問題ないと考えていたら、使い勝手の面から意外に不便だということに気づく場合があります。平面駐車場ではなく、階層式の駐車場になっていることがあるからです。昇降のために時間がかかるだけでなく、自分の車が上にあって、下の車がずれて駐車してあると自分の車を出せない状況にもなります。このようなトラブルが発生しにくい駐車場が利用できることを確認しておくのが無難です。

ベランダの高さと鳥の被害

高層マンションの賃貸生活を始めてみて後から気づくことになって後悔するのがベランダへの鳥の飛来です。ちょうど鳥にとって好ましい階層を選んでしまっていると、しばしば鳥がやってきて糞をしていくという状況になってしまいます。場合によってはカラスが夕方にやかましく鳴いてしまうこともあるため、十分に注意しておくことが大切です。ベランダの糞を予め内覧のときに確認しておけば被害があるかどうかについては確認できるでしょう。

ネットで物件探しが出来るので、時間が空いた時にネットで情報を探すことが出来ます。札幌の賃貸マンションももちろんネットで情報検索が出来ます。

注文住宅で快適なライフスタイルを送ること

注文住宅のキッチンについて

注文住宅でキッチンを作る時は、風通しをまず考える必要があります。キッチンは料理を作る場所ですので、熱や匂いや湿気が発生しやすい特徴があります。コンロや冷蔵庫な電子レンジなどから熱が発生するキッチンは、風通しの確保がとても大切になります。窓の配置を上手く工夫することで、キッチンの風通しの確保を上手く行うことができます。風通しの良いキッチンはとても清潔で衛生的です。注文住宅を建てる時は、キッチンの機能に注目する必要があります。

キッチンの床材などについての

注文住宅のキッチンを考える時は、水回りや床材について考える必要があります。水に強い防水シートを床に敷くことも、キッチンを快適に使用する上で大切になります。キッチンは、床材に注目することも大切です。足への負担やヒンヤリ感が少ない針葉樹を使用した素材は、キッチンの床材として人気があります。日々の料理はキッチンの床の良さによって、とても楽しくなります。快適なキッチンで好きな料理を作ることができる生活は、とても良いものがあります。

バランスの良い注文住宅

注文住宅を建てる時は、様々なバランスを考慮する必要があります。自然の風通しと室内設備による換気のバランスを上手く考えることで、注文住宅でより快適に過ごすことができます。煙が多く発生する料理を作る時は、室内設備の換気を使用した方がとても効率的です。なるべく自然の風を上手く活用することも、注文住宅での健康的な生活を送る上で大切なこととなります。窓の位置やテラスの位置などを上手く設計することで、自然をより感じることができる注文住宅が完成します。

注文住宅の購入方法を理解するために、定期的に住宅見学会などの機会を利用しながら、担当者と打ち合わせをすることが重要です。

中古マンションの良いところは!その価格について

はっきり言って安いです

中古マンションの良いところは、安いところにあります。安いからこそ、購入することになるわけです。もちろん、高い中古マンションもありますから、それは一概にはいえないのですが同じマンションの新築よりは安くなっています。そもそも一度購入して、そのまま売ったとしても何割か落ちるのがマンションなのです。まして、何年も住んだことがあるようなマンションであればどうしてもさらに価格が落ちることになりますから、これは狙い目なのです。

競売などは特にお勧めできます

金融機関などが抵当権として得たマンションを売ることがあります。銀行などがそのまま自分たちで売るのではなく、基本的には競売をすることによって現金にしようとします。これが狙い目であり、何割か安くすることができます。市価よりも遥かに安く買うことができるようになっていますから、非常に狙えるのです。言うまでもありませんが、これは玄人向きでもあります。色々と出来ないこともありますから、注意したほうがよいでしょう。

中古マンションの良いこととしては

確かに劣化している部分はあります。中古である以上ですからね仕方ないことになりますから、これは覚悟しておいたほうが良いでしょう。言うまでもありませんが、それでも住むことはできます。十分に中古マンションで何十年も住むことができるところはあるのです。終の棲家にすることができるところもしっかりとありますから、よく探すことです。やはり安い、というのは中古マンションの素晴らしいところであるといえるでしょう。それがメリットです。

リノベーションマンションとは、既存の建築物に大規模に手を加えることで性能を高め、価値を高めたマンションのことを言います。

できれば避けたいサブリース物件!?仕組みを理解すれば大丈夫な人も

サブリースは転貸です

賃貸物件を探していると、最初にサブリース物件を含めて良いか聞かれることがあります。答えはNOが正解です。サブリース物件は大家から不動産屋が借りて、更に又貸ししている転貸契約のために本当の大家とは直接話しが出来ません。更に大家は借金をして建てているケースが多いので、礼金ゼロのサブリース物件は競売リスクがあるのでできれば避けたいものです。それでもなおサブリースを選ぶ理由は、新しくて綺麗だからという点に魅力を感じるなら有りでしょう。

不動産屋が貸すから仲介手数料不要

賃貸物件の契約では、不動産屋が仲介すると仲介手数料が発生します。月額賃料の半月分を借り主から受け取れますが、特約により最大1ヶ月分まで受け取れます。貸主からは0円で借主から1ヶ月分の仲介手数料を取る特約は、同意した場合にのみ適用されるわけです。しかし、サブリース物件では不動産屋が直接転貸をするわけですから、仲介者は存在しません。直接契約にも関わらず仲介手数料を取られる場合には、法律違反となるので気を付けましょう。

規約違反に対する対処は厳しい

一般的な賃貸契約の書類は本のような規約集は付いてきません。しかし、サブリース物件では貸主が不動産屋となるので、詳細な入居規約に同意しなければ入居が認められません。利用規約に違反した際の対処が一般的な大家との契約に比べて厳しいのは、本来の大家に対して原状回復義務を負うのが不動産屋自身だからです。新築物件や築浅物件に住めて入居規約が厳しい分だけ問題ある入居者は追い出されるので住民の質は確保されるものの、窮屈さを感じる人もいるでしょう。

札幌市中央区は、企業の本社や支社をはじめ官公庁も多くあります。そのため、他の地域から引越してくる人も多く、札幌市中央区の賃貸物件は質が高い物件が多くあります。

本当に大丈夫?内覧は細かなところまでチェック!

内覧でのチェックは万全に

賃貸物件探しをするときには候補が決まったら内覧をして最終決定をしますよね。なんとなく中に入って見てみるだけで終わってしまっている人もいるでしょう。しかし、内覧をして契約書にサインをしてしまったらもう後には引けません。最終的なチェックを行える場でもあるので、入念に隅々まで目を通すようにしましょう。忘れずにチェックできるようにチェックリストを用意しておくと万全です。その際に見落としがちなポイントを押さえておきましょう。

細かなところほど見落としやすい

内覧は細かなところほど見落としやすいので注意が必要です。コンセントの配置や収納の内部の様子、蛇口やシャワーの水の出の良さなど、細かなところに目を向けるようにしましょう。窓はよく見ていてもカーテンレールまで目を向けていないこともあります。一重か二重かでつけられるカーテンの枚数が変わるので内装も変えなければならなくなってしまうので注意が大切です。寸法も測っておいて、入居のときには必要な物を買い揃えて置けるようにするのも重要になります。

写真も撮らせてもらうと安心

全てをしっかりと内覧の間に確認できたかどうか心配という人もいますよね。その心配をできるだけ減らすために、内覧の当日はカメラを持って行きましょう。自分でチェックしたところは全て写真を撮って帰ると安心です。全体的な様子も撮影しておくと見落としがなかったかを後から確認しやすくなります。もし見落としに気づいたらもう一度だけ内覧をさせて欲しいと伝えれば了承を得られるはずです。これでもう万全と感じてから契約を結ぶようにしましょう。

札幌市豊平区の賃貸は、交通アクセスの良い物件が多くあり、契約を結ぶにあたり、築年数や間取りなどを確認することが重要です。