本当に大丈夫?内覧は細かなところまでチェック!

内覧でのチェックは万全に

賃貸物件探しをするときには候補が決まったら内覧をして最終決定をしますよね。なんとなく中に入って見てみるだけで終わってしまっている人もいるでしょう。しかし、内覧をして契約書にサインをしてしまったらもう後には引けません。最終的なチェックを行える場でもあるので、入念に隅々まで目を通すようにしましょう。忘れずにチェックできるようにチェックリストを用意しておくと万全です。その際に見落としがちなポイントを押さえておきましょう。

細かなところほど見落としやすい

内覧は細かなところほど見落としやすいので注意が必要です。コンセントの配置や収納の内部の様子、蛇口やシャワーの水の出の良さなど、細かなところに目を向けるようにしましょう。窓はよく見ていてもカーテンレールまで目を向けていないこともあります。一重か二重かでつけられるカーテンの枚数が変わるので内装も変えなければならなくなってしまうので注意が大切です。寸法も測っておいて、入居のときには必要な物を買い揃えて置けるようにするのも重要になります。

写真も撮らせてもらうと安心

全てをしっかりと内覧の間に確認できたかどうか心配という人もいますよね。その心配をできるだけ減らすために、内覧の当日はカメラを持って行きましょう。自分でチェックしたところは全て写真を撮って帰ると安心です。全体的な様子も撮影しておくと見落としがなかったかを後から確認しやすくなります。もし見落としに気づいたらもう一度だけ内覧をさせて欲しいと伝えれば了承を得られるはずです。これでもう万全と感じてから契約を結ぶようにしましょう。

札幌市豊平区の賃貸は、交通アクセスの良い物件が多くあり、契約を結ぶにあたり、築年数や間取りなどを確認することが重要です。