できれば避けたいサブリース物件!?仕組みを理解すれば大丈夫な人も

サブリースは転貸です

賃貸物件を探していると、最初にサブリース物件を含めて良いか聞かれることがあります。答えはNOが正解です。サブリース物件は大家から不動産屋が借りて、更に又貸ししている転貸契約のために本当の大家とは直接話しが出来ません。更に大家は借金をして建てているケースが多いので、礼金ゼロのサブリース物件は競売リスクがあるのでできれば避けたいものです。それでもなおサブリースを選ぶ理由は、新しくて綺麗だからという点に魅力を感じるなら有りでしょう。

不動産屋が貸すから仲介手数料不要

賃貸物件の契約では、不動産屋が仲介すると仲介手数料が発生します。月額賃料の半月分を借り主から受け取れますが、特約により最大1ヶ月分まで受け取れます。貸主からは0円で借主から1ヶ月分の仲介手数料を取る特約は、同意した場合にのみ適用されるわけです。しかし、サブリース物件では不動産屋が直接転貸をするわけですから、仲介者は存在しません。直接契約にも関わらず仲介手数料を取られる場合には、法律違反となるので気を付けましょう。

規約違反に対する対処は厳しい

一般的な賃貸契約の書類は本のような規約集は付いてきません。しかし、サブリース物件では貸主が不動産屋となるので、詳細な入居規約に同意しなければ入居が認められません。利用規約に違反した際の対処が一般的な大家との契約に比べて厳しいのは、本来の大家に対して原状回復義務を負うのが不動産屋自身だからです。新築物件や築浅物件に住めて入居規約が厳しい分だけ問題ある入居者は追い出されるので住民の質は確保されるものの、窮屈さを感じる人もいるでしょう。

札幌市中央区は、企業の本社や支社をはじめ官公庁も多くあります。そのため、他の地域から引越してくる人も多く、札幌市中央区の賃貸物件は質が高い物件が多くあります。