初期費用を抑えたい!その希望を叶える賃貸マンション選び方3選

敷金礼金0の物件を選ぼう

初期費用をできるだけ抑えて賃貸マンションを選びたいときにはまず目を向けると良いのが敷金と礼金です。地域によって保証金となっている場合もありますが、これらは初期費用として家賃で数ヶ月分になる大きな費用ですよね。最近では敷金礼金0という物件も登場してきています。初期費用を少しでも抑えたいと考えたら、まずは敷金礼金0の物件から選ぶようにしましょう。一般的にかかる初期費用の大半を削減することができる方法です。

仲介手数料の交渉をしてみよう

賃貸マンションを借りる際には不動産会社を利用するため、仲介手数料の支払いが必要になります。家賃一ヶ月分というのが相場でしたが、全体的には引き下げの傾向があり、家賃の半分ということが多くなってきました。不動産会社は法律によって貸主と借主から合わせて一ヶ月分までしか受け取れないと定められているため、その負担の度合いが変化してきているのです。交渉をしてみると貸主に負担を任せられる可能性もあるため、交渉をして仲介手数料の引き下げを試してみるのも良いでしょう。

家具付きの物件を探してみよう

賃貸契約をしてからも生活を始めるためには費用がかさんでしまいます。その点に着目して、必ず準備しなければならない家具や家電の費用を削減するという視点を持つのも良い考え方です。家具付きの賃貸物件を探して借りれば家具を揃えるのにかかる費用を削減することができるでしょう。一通り揃えようとすると数十万円がかかってしまうこともよくあるため、家具付きの物件を借りるのは初期費用を抑えるのにうってつけの方法なのです。

森の賃貸の魅力ある物件を選ぶにあたり、周辺環境の良しあしを比較しながら、プロの不動産会社に相談をすることが重要です。