賃貸物件を借りる時の初期費用を減らす方法

仲介手数料は不動産屋ごとに異なる

仲介手数料について誤解している人が余りにも多く、法律上は賃貸人と賃借人それぞれから賃料の最大半月分までを不動産会社は受け取れることが規定されています。法律の規定通りに運用されている不動産会社ならば、入居者が払う仲介手数料は家賃の半月分のはずです。しかし、例外的に不動産会社と賃借人が特約を結んだ場合に限り、賃貸人が払う仲介手数料を賃借人が代わりに支払うことが出来ます。最初から特約を設定していない正規の不動産屋を通して契約すれば初期費用を安く出来ます。半月分の家賃とはいえ数万円単位となるので大きいでしょう。

賃貸エージェントを使って最初から探せば交渉可能

敷金は賃貸契約上必要ですから減額は望ましくありません。しかし、礼金や仲介手数料については減額交渉が可能で、鍵交換費用は本来任意です。保証会社を付けた契約は不動産会社側のキックバック狙いが一般的ですから、保証人を立てて借りられれば不要となります。賃貸エージェントを最初から利用して、元付け不動産会社が持っている物件を仲介してもらえば、細かい交渉を不動産会社同士で行ってもらえるので、家賃交渉まで出来てしまうことすらあります。

サブリース物件なら仲介手数料不要

仲介手数料が存在しない契約方法として、サブリース物件の契約と大家から直接借りる方法があります。サブリース契約では、不動産会社が大家から一括借り上げを行った部屋を転貸する形となるので、不動産会社と入居者は直接契約を行うことになるので、仲介手数料自体が存在しません。転貸契約だけに法律上の制限が一部入りますから、気になる人は大家から直接借りる方法が良いでしょう。大家の中でもしっかりとした経営意識のある人や優良物件は、直接契約が行われるようになっています。

菊水の賃貸を探す場合、インターネットなどで効率良く情報収集ができる他、詳細情報を知りたい時には気軽に問い合わせも行えます。